FXをわかりやすく説明してみました。

Filed under: FX — admin @ 12:00 AM 2013年8月5日

”FX”ってよく耳にするけどいったい何のことなのかわからない・・・。
そんな方のために、わかりやすくご説明したいと思います!

FXとは外国為替証拠金取引のことで、「Foreign eXchange」となり、直訳すると外国為替となります。
証拠金と呼ばれるお金をFXの業者に預託することで発生する、差金決済による通貨の売買を行う取引のことをいいます。
もっとわかりやすく説明しますと、外国の通貨を売買(日本円で外国のお金を購入する、もしくは売却する)することにより利益を出す取引となります。

ニュースなどで聞く「円高」「円安」がFXには非常に重要になります。
たとえば、アメリカドルを「1ドル=100円」の時点で10万円分=1000ドルを購入したとします。
その後、経済の流れによって円安に傾き、「1ドル=110円」になったとしましょう。
この時に持っている1000ドルを売却すると、11万円になります。
最初の投資が10万円だったため、1万円の利益が出ました。
この逆で、円高に傾き、「1ドル=90円」となったときに持っている1000ドルを売却すると9万円になり、1万円の損失となります。

このように、為替レートで発生する差額で設けることができるしくみがFXなのです。
つまり、円高の時に多く購入しておき、円安の時に売却すれば高い利益を得ることができるということになります。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする